国家安康

徳川家で国家安康という一門に所属しています。のぶおん歴は新星の章~です。徒然なるままなカキコです。

第3位は!?


  • シャカシャカシャカ。こっからはベスト3なんで、少し長めにお話してみたいと思います。第3位は、風神の門(1980年)です。1980年というと今から34年前なんで、コウさんが生まれる前の作品ということになりますね。(※フィクションです)これはNHKの作品ですが大河ではありません。これも司馬先生の作品で全23話です。大河の半分くらいですね。販売はされていますが、レンタルはされていないんじゃないでしょうか?コウさんはもちろんもっています。ニヤリ。
  • 主演の霧隠才蔵=三浦浩一さん。(ハートマーク)この作品の魅力は三浦さんの笑顔に尽きます。以上~~~。  というわけにもいかないので話を続けます。ところで、三浦さんをご存知でしょうか?丁度還暦を迎えられたそうです。コウさんはまだまだですねーー;。当時は時代劇にもよく出演されていましたし、その後も奥さんである女優の純アリスさん(チッ)とTVショッピングに出演されていました。とにかく三浦さんのやんちゃな笑顔には参ります。当時は相当もてたことでしょう。息子さんが官べえの毛利輝元役で出演していますが、私は断然お父さんの方が好みです。
  • 出演は他に女忍者=小野みゆきさん、佐助=渡辺篤史さん、雪村=竹脇無我さん、他、多岐川裕美さん等。そして光るのが敵の忍者役の磯部勉さんです。磯部さんといえば、毛利元就では経久の右腕の家臣。官べえでは鶴ちゃんの重臣を演じていました。声優でも活躍されています。名バイプレイヤーですが、この作品では準主役級です。ただ最初の方は化粧が濃くて気持ち悪いです。敵役なんですが、後半は情深い面もでてきてそこはかとなく切ないです。
  • 全23話と長いですが、忍者好きな方にはおすすめな作品です。この作品は大河ではないので主題歌もあり、クリスタルキングが唄っています。内容にあった歌詞は秀逸でパワフルなボーカルですが、なんとなく切なくもあります。
  • とここまでのお話であれば普通の感想なんで、明日のコウ新では更に深く論評してみたいと思います。コウご期待!!




にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村FC2 Blog Ranking



第4位は!?


  • シャカシャカシャカシャカ。関ヶ原(TBS:1981年)です。唯一民放で神7入り。おめでとうございます。これは大河ドラマと違って6時間くらいのTBS開局30周年記念のお正月特番でした。3位と4位は迷いましたが、こちらは長編ものではないということも加味して4位としました。私が関ヶ原関係が好きなこともあって順位は高めです。レンタル・販売もされており、大河ドラマと違ってお安いです。もちろん、コウさんももっています。関ヶ原がお好きな方にはおすすめな一品で、各種エピソードも山盛りです。原作=司馬遼太郎さんで、いわゆる司馬史観的な内容ですね。私は原作も読みましたがなかなかなのボリュームでした。
  • とにかく豪華俳優陣です。主演は三成役=加藤剛さん、家康役=森繁久弥さん。大御所が多数出演されており、あげればきりがありません。印象に残った俳優さんは、正信=三国連太郎さん。三成の侍女役=松阪慶子さん。福島正則=丹波哲郎さん。細川ガラシャ=栗原小巻さんあたりでしょうか。俳優陣を眺めるためだけでももってる価値はあるのではと思います。物語は太閤秀吉が逝去するあたりから始まり、三成を中心に描かれます。三成ってきっと生真面目で融通がきかない性格だったんでしょうね。加藤さんが見事に演じておられます。とにかく見ても損はない一品です。
  • ただ6時間と短いため、結構石坂浩二さんのナレーションが多く説明されてる感は否めません。エピソードは多いですが、そのぶんやや臨場感にかける感じです。合戦までが中心なかんじで、合戦はあっさりした感じですかね。
  • 結構TV東京ではお正月特番に歴史もんをやってることも多いですが、松江市では民放は3こしか映らないのです。レンタルされればかろうじて見れる感じですね。






にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村FC2 Blog Ranking



独眼竜政宗。

  • のぶおんやるときは、水分補給がかかせません。特に夏場は。コウさんは、コーヒー、お茶、抹茶、スポーツドリンク、おいしい水etc、なんでも飲みます。最近のお奨め1位=ソルティライチ,2位=カルピスオアシスです。どちらも塩入で夏場にはおいしくいただけます。みなさんも試してみてはいかがでしょうか?
  • で政宗が5位な理由です。1つめは主観的なことですが、私はまったく泣けませんでした><。泣くために見ているわけではないのですが、1~4位が泣けたので印象も強いんでしょうね。じゃあ、泣くような場面が無かったのでしょうか?いいえ、そうでもありません。父を見殺しせざるを得なかったシーン(人取り橋じゃないですお)、弟を手討ちにしたシーン、母を追放したシーン、、、、し~~~~~~~ん。
  • あるじゃないですか?多分、野々村さんなら号泣していることでしょう。わ~~だ~~すぃ~~はぁ~~~>><<。私は泣けませんでした。これ説明しにくいのよ。なんていうか政宗は野望の塊でどの場面も野望が透けてみえる感じなのよね。これは演出も関係しますが、わりとシーンの流れが早くて、、、し~~~~~~~ん。泣ける間を用意してなかった感じはします。良し悪しじゃないですけどね。好みですよね。
  • まあ政宗は名作に違いないので1位あたりにするとありきたりということで5位で我慢していただきましょう。で5位にしたもうひとつの理由ですが、これは客観的なことです。これ書くと1~4位がばれるかもなんで。まあ、無いでしょうね。 1~4位を発表してからにしたいと思います。皆さんも考えてみてくださいね。
  • 政宗はレンタルもされおり、先日もレンタルしたばかりです。謙さんが勝新さんに最初に挨拶に行ったとき、勝新さんは本番で初めて会う為に断ったんですよね。役者魂を感じます。ということで、政宗が小田原に参陣する場面は必見です。


<FC2 Blog Rankingul>


<にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村p>