国家安康

徳川家で国家安康という一門に所属しています。のぶおん歴は新星の章~です。徒然なるままなカキコです。

第2位の続き。


  • 私の心から離れないのは、信玄が嫡男である義信(堤真一さん)を幽閉し、最後に会う場面です。史実ではどうなんでしょうかね?信玄が義信を他の城や寺に幽閉したみたいなんですが、そうなるとなかなか会うことはないんじゃないでしょうか?まあ、わかりませんがね。
  • ドラマでは、お寺に幽閉されている義信に信玄が会いに行き言葉を交わします。お寺の一室で多分障子とかも閉ざされており、いずれにしろ外は見えません。会話の最後の方、、、
  • 信玄『なにが見える?』、、、義信『海が見えまする』、、、               これで私は、ザ~~~~~~~と涙が止まらなくなりました。なんででしょうかね?理由は必要ありませんね?正確なやりとりは覚えていませんが、信玄はなにを聞きたかったのでしょうかね?
  • 少し背景を説明すると、信玄は義元と同盟を結び証として義元の娘が義信に嫁ぐわけです。その後桶狭間が起こり義元は討ち取られます。弱体した徳川家に、、じゃなくて今川家に信玄は同盟を破って攻め込むんです。海も得られますしね。北には謙信が控えており信玄としては苦渋の選択だったんでしょうか?あるいは、トンカチがしたかったのかもしれません><。
  • 義信としては嫁の実家なわけでそれで攻め込むのが反対だったようです。そのために親子で確執が生じました。信玄としては義信に気持ちがわかって欲しかったんでしょうか?それとも4男の、、4なんの、なんの、南野陽子の息子である勝頼にあとを継がせれば、廃嫡もやむをえずという気持ちだったんでしょうか?それで最後になにが見える?ときいて最後の胸のうちを知りたかったんじゃないでしょうか?
  • それに対する答えが、義信『海が見えまする』、、、そこは山寺の一室で海はおろか外は一切見えないわけですね。そこに『海が見えまする』はなにかを暗示しているわけですね。1つには海=今川を象徴しているのかと。つまり、やはり今川を攻めるのは納得できないと。頑なに拒んできたので幽閉されたわけですし。もうひとつはその表情が晴れやかであったことから読み取ると海のようにすがすがしい気持ちで思い残すことはないと。信玄を恨む気持ちを消えたと、、、。私はコウ解釈しました。その後は、信玄も義信も号泣し、数日後義信が自害したという報せが信玄にきたわけです、、、。悲しいですね。
  • かなりピンポイントで解説しましたが、戦国の巨人の一生のものがたりでした。残るは1位を残すのみとなりましたが、今宵はここまでに致しとうござりまする。

               




     




にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへにほんブログ村FC2 Blog Ranking



第2位は!?


  • チャカチャカチャカチャカ、、、。第2位は武田信玄(1988年)です。平均視聴率=39.2%で、前年の独眼竜政宗に続いて大河史上第2位です。ですからかなり、オーソドックスな選コウですね。信玄は武田家ですね、、、、、だから、許してくんろぅぅぅぅ~~><。滅亡勘弁してけれぇぇぇぇ~~><。5分の勝ちで満足してけれぇぇぇぇ~~><。
  • 主演の信玄役=中井貴一さん。好みなので、中井貴一&中井貴恵で家臣を作りました。独眼竜ほど派手さはありませんが、落ち着いた演技ですた。信玄は動かざること山の如しですもんね。父の信虎=平幹二郎さん、母=若尾文子さん。家臣に菅原文太さん。勘助=西田敏行さんで、シブイ演技です。ですが、私は葵の秀忠役の方が好きですね。アワアワ感が良いです。バウバウ松村さんも物まねしています。謙信=柴田恭平さんなどなど、あいかわらず豪華メンバーです。
  • 信玄は戦に強いだけではなく領国経営にも優れており、幅広いファン層ですね。一方、父親を追放し嫡男を幽閉する等、冷酷な面も垣間見せます。苦悩の多い人生だったのでしょう。そのあたりも仏門に帰依した理由の1つでしょうね。もちろんきれいごとだけではありませんが。
  • 最後に見たのが3年くらい前なんで詳細には覚えていませんが、泣けるシーンはそんなには無かったような気もします。べんせい粛々と進む感じでしたよね。そのなかで私が泣いたシーンは、、、、、、。
  • 今宵はここまでに致しとうござりまする。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ にほんブログ村 FC2 Blog Ranking



第3位の続き。





  • 物語は雪村と出会った才蔵が、最初は雪村の命を狙うのですが徐々に雪村の魅力に惹かれ、雪村のために家康の命を狙います。結末は大阪の陣ですから、みなさんのご存知の通りです。ああ、また見たくなってきました。
  • 難点をあげれば23話は長すぎます。16話くらいでも良かったのでは?あるいは23話であれば、家康(正確にはちょこっとでてますが)、淀殿、秀頼あたりは出演させたほうが良かったと思います。このあたりのが出ないのは、やはり後半が不自然でした。大河ではないので予算的に苦しかったのかもしれません。
  • 全体的に明るい雰囲気で笑えるところも多いのですが、要所要所では泣かせてくれます><。例えば、最後佐助が大阪冬の陣で敵につっこむ前に才蔵に別れを告げるシーン。無理に明るい感じで微笑むかける渡辺さん。泣けてきます。雪村が首をとられたあとも、首を探し回るシーンがありました。切ないです。佐助は雪村のことが好きでしょうがなかったと思います。一緒に死にたかったはずです。雪村のためなら喜んで死んだことでしょう。才蔵との熱い友情も描かれていました。
  • 私が選ぶベストシーンは、、、。敵忍者の獅子=磯部さんと公家の青姫(樋口可南子さん二十歳くらい)とのやりとりです。獅子は最初は青姫をさらおうとしますが、接するにつれ自分の妹を飢えで亡くしていたこともあり、妹のように慕います。最後の別れのシーンも泣けます。ここも名シーンのひとつでしょう。ただ、私が選ぶところはそれ以前の、獅子『姫はまるで花のようでございます』、青姫『なんの花じゃ?』獅子『、、、、、、、、』のやりとりです。さて、獅子はなんの花のようと答えたでしょうか~~?まあここで泣けるのは感性豊かなわたすぐらいなもんでしょう。
  • 他に、大野修理の妹役の多岐川裕美さんの美しさ(娘の華子さんより美しい)、敵の大将役である板倉勝重役の寺田農さん。この人はいやみな役がホント上手でにくたらすいです。登場人物は多いですね。
  • 全体にやや長い感もありますが、大河ではないのに3位に入ったのはおみごとです!!雪村ものということでファンも多いことでしょうね。




にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村FC2 Blog Ranking