国家安康

徳川家で国家安康という一門に所属しています。のぶおん歴は新星の章~です。徒然なるままなカキコです。

大河ドラマ

バナーの貼り付けはうまくいったみたいですが、毎回貼るもんなんでしょうかねえ?とりあえず、1日1回ということにしときましょうかね。私は大河ドラマの大ファンです。正確には戦国ものなんで大河に限りませんが。のぶおんでもたまに大河ファンの人と話をすることがあるんですよ。そこでコウさんの好きな戦国ドラマ神7を発表したいと思います。それではまず7位から、、チャカチャカチャカチャカ、、。7位=毛利元就(1997年)です。これはまあ地元なんではずせないでしょう。多分、あまりレンタルもされていないんじゃないでしょうか?コウさんはもっていますが。ニヤッ。このドラマの魅力はなんといっても橋之助さんの人間味あふれる演技や育ての母である松阪慶子さんとの兼ね合いですね。大河ドラマにホームコメディ要素がはいったかんじです。また、後半にかけて鬼のような謀略が展開されます。そして、秀逸なのは尼子経久役の今は無き緒形拳さんの鬼気迫る演技です。登場シーンはやや少なめですが印象に残っています。拳さんにはこういう悪役というか敵役がよく似合います。脚本は内館さんでよくできていると思います。元就って国人衆の次男坊なんですが、よく中国地方を支配するとこまで至ったと思います。ほんとすごいですよね。前半は尼子の大内の間で翻弄されており、愚痴のひとつもでますよね。このドラマで月山富田城というものも初めて知りました。毎週行ってます。いえ、現地ではなくのぶおんのクエにです。こういう古いドラマって今活躍されている俳優さんがでていたりしているのを見つけるのも楽しいですよね。このドラマでは小日向文世さんや生瀬勝久さんですね。軍師官兵衛に出演されている俳優さんもちらほら。ただこのドラマ販売はされていますがレンタルはされないんじゃないですかねえ。理由はまあご想像にお任せします。興味のある方は総集編を購入することもできます。