国家安康

徳川家で国家安康という一門に所属しています。のぶおん歴は新星の章~です。徒然なるままなカキコです。

黄金の日々=4点。


  • 黄金の日々(1878年)=4点。 主演の納屋助左衛門は松本幸四郎さんで、松たか子さんのお父さんです。松さんのおじいさんも出演しています。 秀吉 の時代ですが、商人である納屋を通じて戦国時代をみています。視聴率=25.9%と高いです。
  • 納屋と杉谷善住坊(川谷拓三)と石川ごえもん(根津甚八) が準主役でお二人の当たり役でもありますね。信長=高橋幸治さん、秀吉=緒形拳さんでお二人とも太閤記と同じ配役です。秀吉は裏秀吉感満載です。三成=近藤正臣さんで善人といった感じで描かれています。
  • ルソンへ行ったり、突拍子もない感じで進むのでちょっと置き去りにされながら見ていた感じです。本格的な戦国ものとはいえず、ちょっと変わった作品ですね。大航海好きな方におすすめな作品かもしれません。

知人一門YD-K-の筆頭Mさんと。





にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村FC2 Blog Ranking




風と雲と虹と=3点。


  • 知人のSさんからブログの書き方を教わりました。Sさんは私の大ファンで(※フィクションです)時々、大河ドラマの話をします。
  • 風と雲と虹と(1976年) =3点。きびすいですねえ。主演=平将門を演じる加藤剛さんで、大好きです。(食わず嫌い風) 現存する大河ドラマ(総集編を除く)では最古で、視聴率=30.1%とかなり高いです。印象に残ったのは吉永小百合さんの美しさです。このころは、妖しい美しさも醸しでてますね。最後、亡くなるシーンはなんとも言えませんが美しいです。
  • 点数が低い理由は、まあわくわく感はなかったですね。将門を正当化させすぎている感もありました。もっと、将門のガムシャラ感が、我武者羅・改が欲しかった感じです。あと、人間関係とか朝廷、あずま武士といった背景もなんとなくよくわかりませんでした。どうしても私が詳しくない時代だと、物語が理解しにくくて低得点です。
  • 加藤剛さんは三成や大岡越前の方がお似合いな気はします。

元一門のAさんと。お元気そうで何よりです。













にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村FC2 Blog Ranking



国取り物語=7点。


  • 戦国といえば国取りですよね。のぶおんでも国を取ったり取られたり、、、><。今日のお話は、国取り物語1973年です。1973年といえば、コウさんがお母さんのお腹にいた頃ですね。(※フィクションです)国取り物語は、総集編しか現存していないため、感想も総集編に基づきます。得点は10点満点で7点です。総集編しか現存していないことはマイナスですが、やはり戦国時代の作品にはあまちゃんです。それでも、かなり楽しめた記憶もあります。少し、功名が辻も入っているのは、作者が同じ司馬先生だからです。
  • 主役級は、道三=平幹二郎さん、信長=高橋英樹さん、光秀=近藤正臣さんです。前半=道三主役で、後半は信長+光秀という感じで、本能寺の変まで描かれます。家康=官兵衛と同じくルビーの指輪で有名な寺尾聡さんです。41年振りの再演ですか。
  • 同じ国取り物語であれば、テレビ東京系で2005年に放送されたものもあります。12時間くらいでしょうか?得点=8点ですからかなり高得点です。こちらもレンタルされています。光秀役の渡部篤郎さんがかなりイメージに残っています。光秀に光があたった作品は少ないですね。でも光秀を主演にしたドラマもありました。こちらもレンタルされていたような気がします。主演は唐沢寿明さんでした。

避暑地にて。










にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

にほんブログ村FC2 Blog Ranking